--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/27.Wed

決戦は日曜日

先週日曜日は菊花賞。競馬愛好家「大名マーク」さんのお宅で、サエモンさんのお料理をいただきながら競馬観戦をする、前代未聞の豪華イベントが開催されました。サエモン会メンバー11名が集まります。
馬柱

当日朝から手がある方が何かと便利だろうと、土曜の夜から大名マーク邸にスタンバイしていた私は、すし哲でたらふくご馳走になり、ふかふかのお布団で寝かせていただきました。
寿司哲

翌朝、大名マーク奥様が作って下さったすっぱーいレモンジュース。気合が入ります。ご夫婦が沖縄で買ってこられた「琉球秋ウコン」も飲み、準備万端。
博徒ユケチュウ、一宿一飯の恩義を忘れず、賞金をいただいて帰りますぞ(大違)。
朝うこん

9:00前、出張板前サエモンさんの到着です。
大きなクーラーボックスには食材がぎっしり。上の箱は板前さんが命の次に大事にしている道具箱です。
荷物

道具箱の中からは、さらしならぬ革に巻かれた包丁が。手入れの行き届いた包丁はほれぼれするほど美しい。この革ケース、サエモンさんのお手製だそうで、どおりでピタっと道具が収まっていました。道具にこだわり、道具を大切にする姿は正に職人です。COOL!
包丁

参加者は9:30から10:30 の間に三々五々集まると連絡が入っています。
また食事の時間が決まっている訳でなく、飲みながら食べながら16:10の最終レースまで競馬観戦の予定です。
全員に、一番おいしい状態でサーブするにはどうしたらよいか、サエモンさん、しきりに考えていらっしゃいます。

皆が集まる10:30を目処に、まずは前菜数種を用意することに。
サエモンさんは、blogで今日の料理の献立を発表されていました。その絵コンテが目の前で形になっていくのですから、脇で見ている私は面白くてしょうがありません。

秋の吹き寄せ風
鮭と菊花の押し寿司、イクラ柚子釜盛り、秋鮭柚香焼き、山芋節粉塗し。もってのほか、紅葉をかたどった人参、甘栗も散らして、秋の風景がお皿に見事に再現されました。盛り付けの過程は絵を描くのを見るようで、楽しい~。
s-6吹き寄せ

ラテン風前菜の盛り合わせ
これまた華やかな一皿。
回りをぐるりと囲むのは、パプリカとなすのバルサミコ醤油。皿の青地も映えます。中央の二つは、蛸とカキとエビのニンニク風味オリーブオイル炒め、かじきのマリネ。トーストしたフランスパンをジェノベーゼ・クリームチーズ・トマトのペーストの3色で飾ったカナッペはこの皿には盛りきれず、別皿に。
test1

カキの酒蒸し(鳴瀬産)、
人参とこんにゃくの山胡桃白和え

前菜に圧倒された私たちを横目にサエモンさんが一言「これからが本番です」。

揚物盛り合わせ
鯨串カツ、マッシュルーム&プチトマトのフライ、カキのフライ、凍み豆腐ローズマリー揚げ、ベガサポさんお土産のカボスを添えて。ソースとタルタルソースで召し上がれ。
鯨串カツのおいしいこと。鯨は生で食べられるくらい新鮮だったそうです。
test2

大名マーク奥様のタンドリーチキン手作りナンにはさんで
test3

9ナン

これまた絶品。サラダ菜とトマトと紫たまねぎとナンがタンドリーチキンの辛味をちょっと和らげて実においしい。ああ幸せ。
なんとたんどりー

大名マーク奥様作のラザニア
私、奥様のラザニア、大好きなんです。ホワイトソースもミートソースもさっぱりしていて、見た目よりずっとあっさり。おいしいです。
らざにあ

マグロとアボガドのわさび醤油
一口おむすび&香の物
エビマヨ
(すべて写真がありません。いったい何してたんでしょう。)

おいしい料理にお酒もすすみます。
なおさんオススメの「がまのどぶろく」。なおさんblogで見て、いつか是非飲みたいと思っていました。
あっさりしているけどコクがあり、甘くない。にごり好きの私はニッコリでした。
ニゴリ

anegoさんお勧め、ココファームのワイン。blogで紹介されていたので楽しみにしていました。
こちらは白。
きれいな味がするワインだと思います。とても口に合いました。
農民どらい

こちらは赤。タンニンが少なめですっきりしていました。おいしかったです。
農民赤

5時間煮込んだタンシチュー
ソースを存分に食べて欲しい時に添えるパスタは、ソースのからみがよいフジッリを使うとよいとサエモンさんが教えて下さいました。
一口食べてあまりのおいしさに絶句。
あぁ、生きててよかった。
test4

赤ワインもすすみます。
たんしちゅう2

〆はイクラをキーワードに、ご飯か麺を選択。
私はご飯をいただきました。是非このイクラでご飯を食べたいと思っていたので、大・満・足。
いくらご飯

あごだしのうーめん
イクラうーめん

台所でサエモンさんが奮闘される中、茶の間では熱い戦いが繰り広げられていました。今回のルールは、3000円の馬券を購入して配当金が一番多い人が、賞金をGET!
現在、メインレース菊花賞を前に、東京10Rで当たり馬券を的中させたなおさんが、頭ひとつリードです。
そして、ついに迎える菊花賞。
スタートです。
20観戦1

3000mの長丁場、ドキドキします。
4コーナーを回ってなおも逃げる先行馬を集団が追います。直線半ば、一頭抜けてきました。えっ6番?えっ?ゴール前は怒涛のごとく一番人気の10番ローズキングダムも飛び込んできますが、6番ビッグウィークがそのままゴーーールイン。
21観戦2

ため息がもれます。「やったー」も「わーい」もありません。菊花賞、総くずれです。
あらまぁ。

最終レースも的中者は出ず、勝利の女神はなおさんに微笑みました。
なおさん、優勝おめでとう!
get

兵どもが夢の後。よくぞ飲んだり。
飲んだ飲んだ

サエモンさんの素晴らしい料理をいただきながらの競馬観戦。贅沢させていただきました。よく食べてよく飲んでよく笑った一日でした。楽しかったなぁ。
サエモンさんが料理される様子を近くで見られたのもこれまた贅沢でした。料理の楽しさを改めて教えていただきました。
サエモンさん、大名マークご夫妻、サエモン会の皆さん、夢のような一日をありがとうございました。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(7)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。