--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/19.Thu

旅は青空

IMG_2026.jpg
11月吉日、東京下町方面に日帰りぶらり旅。

IMG_1991.jpg
朝から最高に天気がよい日で車窓からは沿線の山々がとてもきれいに見えました(ってこの時は雲が多いですね)。

IMG_1992.jpg
吾妻小富士もbeautiful!
富士山も今まで見たことがないくらいくっきり見えたのですが、あいにく席が通路側で写真は撮れませんでした。

     IMG_1993.jpg
東京駅下車。JR京浜東北線・総武線を乗り継ぎ、浅草橋まで。

IMG_1994.jpg
門前で蕎麦をたぐり

IMG_1997.jpg
やってきました、浅草寺。

     IMG_1999.jpg
右を見ると、おおおぉ~。ビルの谷間にスカイツリー。横断歩道の上で仁王立ちになり写真撮影。完全にお上りさんです。

     IMG_2000.jpg
11月に掛け替えたばかりの提灯。ピカピカです。

IMG_2002.jpg
友人に言われて提灯の下、金色の部分を見上げると、なんと!龍がいました。

     IMG_2003.jpg
風神様・雷神様、旅の安全をお守り下さい。

IMG_2004.jpg
外国人も日本人も入り混じって、仲見世通り、混雑しております。

IMG_2010.jpg
お参りするのは何年ぶりでしょう。

IMG_2033.jpg
風邪ひきませんように。頭がよくなりますように。

IMG_2026.jpg
スカイツリー、青空に映えます。何枚撮ってるんだよと自分にツッコミを入れながら、

     IMG_2011.jpg
姿が見えるたびにシャッターを切ってしまいます。

     IMG_2031.jpg
こちらも青空のキャンバスに映えますね。

IMG_2024.jpg
門前のおこし屋さんで雷おこし作りを体験。学校の調理室を思い出させるような場所で作業です。まずは手をよく洗いましょう。

おこし1
お店のお兄さんが、最初に作り方を教えてくれます。
香ばしい香りが鼻をくすぐり、さっきお蕎麦を食べてきたばかりなのに、つまみぐいしたくなりました。

おこし2
工程は単純に見えますが、コツがいりそうです。うまくできるかしらと友人と話していたら、小学校の修学旅行生もたくさん来てますからと励まされました。Let’s try!!

IMG_2021.jpg
水飴との混ぜがちょっと足りなかったのか、ポロポロくずれた部分もありましたが、ふんわり温かい、できたておこしの美味しいこと。作ったおこしは立派な缶に入れてお持ち帰りできます。

     IMG_2034.jpg
更に2回分おこしが作れる水飴とパフのセットと鍋が入った大きな袋をおみやげにいただきました。がさばるおみやげに少々驚きましたが、ありがたく頂戴しました。ちなみに体験料は2000円、要予約。

     IMG_2040.jpg
風神・雷神バッグを肩にかけ、浅草寺界隈をぶらぶら。
人形焼作りを眺めたり(小さい時、近くのスーパーにたい焼き屋さんがあり、焼くのを見るのが大好きだったことを思い出しました)、伝承江戸文字の札を書く職人さんの腕前にため息をついたり、てぬぐい屋さんで季節の染絵を楽しんでいるうちに、

      IMG_2057.jpg
あっという間に夕方になりました。

IMG_2051.jpg
夕焼けに燃える隅田川と首都高速道路。

     IMG_2056.jpg
機会があったら、水上バスにも乗ってみたいものです。

IMG_2052_20131219154117af2.jpg
アサヒスカイルーム・展望喫茶で

     IMG_2060.jpg
スカイツリーと

IMG_2064.jpg
暮れなずむ東京の街に乾杯。

IMG_2071.jpg
夕景と

     IMG_2070.jpg
一番星に見送られ、帰途に着きました。

IMG_2073.jpg
天気にも恵まれ、大変よい旅でした。
あれこれ欲張らず、のんびり歩いたのがよかったかな。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(8)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。