--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/19.Mon

黒部ダム

「紅葉求めてアルペンルート」の続き。
一日目の宿場、長野側入口「大町温泉郷郷」に到着です。夕食前にまず温泉。透明でつるつるのお湯です。脱衣所に鹿島槍ヶ岳の大きなポスターがあり、天気がよければ明日雄姿が見える!と期待。

バイキングの夕食をいただいた後、もう一度温泉に入る予定でしたが、生ジョッキ2杯が効き(旅先では酔いが早い気がします)、21:30過ぎには夢の世界へ。

ぐっすり寝て5:00起床、まずは朝温泉。露天風呂から見える空が晴れを予感させます。
自前の朝食をささっと食べて、7:00チェックアウト。

アルペンルート初日は大町温泉郷から、路線バス→トロリーバス→ロープウェイを乗り継いで、室堂まで行きます(本日のblogは黒部ダムがメイン)。
s-プレゼンテーション2
RIMG0080鹿島槍1
爽やかな山の朝です。空気がピリッと冷たい。左奥に見えるのが鹿島槍ヶ岳。

RIMG0081鹿島槍2
アップにすると双耳峰(ピークが2ヶ所)がよくわかります。

扇沢行きの路線バス乗り場は、ホテルから徒歩3分。
並ぶ覚悟で早めに行きましたが、(チケット売りのおばさんに伺ったら)繁忙期は過ぎたそうで、バスを待つのは我々を含め5名。ちょっと拍子抜け。

    RIMG0077_20121118042349.jpg
バス時間まで付近をぶらぶらしていたらこんなポスター。さすが黒部ダムの入口です。
裕次郎さんに部屋に来ていただかなくていいので、購入はご遠慮しました。

RIMG0085扇沢3
7:23 大町温泉郷発
7:50 扇沢到着

RIMG0083扇沢1
扇沢(1433m)周辺の紅葉。
いい感じです。

扇沢から黒部ダムまで16分間、トロリーバスでトンネルの中を進みます。

    RIMG0078.jpg
このトンネルは黒部ダム建設地点までの資材運搬ルートとして開通された大町トンネル(現関電トンネル)です。大量の土砂と地下水が噴出する大破砕帯に阻まれ、困難を極めた工事の模様は「黒部の太陽」に描かれています。

RIMG0092_20121118042625.jpg
8:16 黒部ダム駅到着

    RIMG0094.jpg
ロッカーに荷物を預け、身軽になって見学開始。
駅から黒部ダムへのルートは2つ。220段の階段を登り、ダム展望台に行くコースを取ることに。

RIMG0095_20121118042646.jpg
途中には、破砕帯由来の湧水があり自由に飲めます。
冷たくておいしい水でした。

   
RIMG0127_20121118043127.jpg
展望台から見る黒部ダム。4-10月は名物の観光放水が見られますが、今年は10/15で終了。残念。

RIMGみ0118湖3
黒部湖。
奥中央は赤牛岳(2864m)。

s-立山三山
少々雲がかかっていますが、立山三山。左から雄山(おやま 3003m)、大汝山(だいなんじやま 3015m)、富士ノ折立(ふじのおりたて 2999m)。

RIMG0190_20121118231856.jpg
こちらの方がくっきり見えますね。富士ノ折立の右は真砂岳?

RIMGみ0153湖8
雄山の左側、とがった山は東一ノ越(2512m)。

RIMGダ0156ダム立山16
左が丸山(2048m)、中央が(おそらく)黒部別山南峰(2300m)

RIMG0104.jpg
スポットライトを浴びる紅葉たち。

RIMG0174_20121118044143.jpg
誇らしげです。

RIMG0138.jpg
展望台から新展望広場に降り(階段が急でちょっと怖い)見学&一休み。
広場にはこんなモニュメントも。

   くろよん記念碑
大きさがわかるように、人を入れて撮ればよかったかも。

RIMG0187.jpg
再び、黒部ダム駅の高さまで上がり、もう一つのルート(近道)で駅まで戻り、ロッカーに預けた荷物を取り出し、

RIMG0193.jpg
ダムのえん堤(アーチ部分)を歩いて黒部湖駅へ。黒部ダム駅~黒部湖駅間、徒歩約15分。

RIMG0194_20121118044341.jpg
勇気を出して下を見たらひょええええ~。魂を抜かれるかと思いました。

   RIMG0180.jpg
着いた頃は曇りがちでしたが、

RIMG0192.jpg
どんどん天気がよくなってきました。

<RIMG0199.jpg
黒部湖からはケーブルカーで黒部平へ。
未分類 | Comments(8)
Comment
さすが、山ガール!
☆ユケチュウさんへ
黒部ダム展望台までの、あの長い階段を上ったんですね!(-_-;)
私が訪れた時も確か放水していなかったような?
スケールの大きい景色が印象的でした。
さすが山に詳しいですね・・私など、どれがどの山だか全く解りませんです。
何より天気が良くて良かったです!
ダメだ・・・
先日はお疲れ様でした。ホントに助かった。ありがとう。
いつも思ってることだけど、アクティブだしタフですよねえ。
とても××歳とは思えないYO!^^

ひょえええ~の画像は、高所恐怖症には怖すぎる。
見た瞬間、マジで太ももの裏が冷たくなったよぅ・・・><
LYNX☆さんへ
お返事遅くなりました。
詳しい訳ではないのです。種明かしをすると、山の名前を示した看板を写してきて、帰宅後、復習するのでした。
花と山の名前は覚えたいし、覚えると山歩きがぐっと楽しくなります。
とにかく天気がよい3日間で、遠くの山まで見放題でした。
anegoさんへ
お返事遅くなりました。
こちらこそ参加させていただき、ありがとうございました。
たいしたお手伝いは出来ないけど、機会があったらまたお邪魔させて下さい。

落としたらどうしようと思いながら、橋の欄干からカメラを突き出して撮ったひょえええ画像、刺激が強すぎましたね。
私も怖くて直視できませんでした。
秋の山岳
 おばんです。

 秋山は空気がすっきりしていて気持ちが
いいですよね。冬山や春山のような危機感が
まだ漂わなくて、、でも、冬に向かう緊張感
はありますね。

 石原裕次郎はタイプではないのですね。^^

 私はいつまでもユケチュウさんの岩間宗達で
あり続けようと努力しております。(⌒・⌒)ゞ

サエモンさんへ
岩間宗達ですか・・・面白い。
サエモンさんへ
秋山はひとつ間違うと冬山登山の可能性大なので、やはり緊張します。日暮れも早いし。でも澄んだ空気と表情豊かな空は秋ならではの楽しみ。出かけたくなります。

波止場のナイスガイよりは、山崎努、ダスティンホフマン、ロバートデニーロ、トムハンクスなど、あまりイケ面でない(個性派ともいう)俳優さんの方が好みかもしれません。

あらら宗達さんですか。恐縮です。
では私はかすみちゃんということで。
LYNX☆さんへ
よろしければ今度、岩間宗達に関する参考図書、貸し出しいたします。

管理者のみに表示
« 黒部平 | HOME | お城と学校 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。