--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/25.Sun

黒部平

RIMG0266.jpg
アルペンルートの続きです。
今日は黒部湖(1,455m)から黒部平(1,828m)へ。
(写真は黒部平から見た立山連峰)

    s-RIMG0200.jpgRIMG0199_20121125175122.jpg
黒部湖からケーブルカーに乗ります。全線地下式はここだけとか。

黒部ケーブルカー
人に押され、気がついたら一番前にいました。撮り鉄の子供のようにガラスにぴったりくっついて、シャッターを押してみました。

鳴沢赤沢スバリ
ケーブルカーで5分、黒部平(1,828m)到着。

赤沢スバリ針ノ木
駅を出ると絶景が待っていました。左から赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳。後立山連峰の一部です。

s-RIMG0249.jpg
後立山連峰は、富山県側から見て、立山のうしろ側に連なる山ということで名づけられたとされています。

s-RIMG0212.jpg
立山が古くから信仰によって開かれていたのに対し、後立山には宗教的な色彩があまりないのもひとつの特徴です。

RIMG0286.jpg
植物園の看板があったので少し降りてみると、見事な紅葉が待っていました。

RIMG0257.jpg
ななかまども見頃。

s-RIMG0261_20121125172532.jpg
天気もどんどんよくなってきて、葉の色も更に鮮やかです。

s-RIMG0220.jpg
今回、黒部平と称名滝(後日記事にします)付近の紅葉が見頃でした。

RIMG0277.jpg
紅葉と後立山連峰。振り返ると、、

s-RIMG0232.jpg
立山連峰。山頂のガスもすっかり飛び、雄大な姿を見せてくれました。近づいただけあり、大迫力。
中央やや上部に見えるのが、ロープウェイの大観峰(だいかんぽう)駅。

RIMG0238.jpg
谷を走る深い溝(雨水の通り道なんじゃないだろうか)も荒々しく、独特の景観を作っています。

RIMG0221.jpg
ちょっと前はこの斜面も錦絵のようだったでしょう。しばし想像&妄想の世界へ。

   s-RIMG0219_20121125174049.jpg
雄大な景色をおかずに、おやきとおにぎりの昼食もいただいたし、先へ進みましょう。
支柱が1本もないロープウェイで、次は大観峰をめざします。
未分類 | Comments(4)
Comment
思い出します!
☆ユケチュウさんへ
地下ケーブルとロープウエー思い出しました!
乗り物好きの私にとってワクワクします・・・
それにしてもこの快晴は素晴らしいですね。
壮大な風景が迫力あります、めったにない光景に遭遇してラッキーでしたね。
見事ですね~
雄大な山の姿も、空の青も、赤や黄色の樹々も
溜息がでるほどステキです。
写真でこれほど見事なのだから、実際はさぞ…! あぁ羨ましい。

コンディションに恵まれて良かったですね。
雨の那須岳と、これでプラマイゼロかしら(笑)
LYNX☆さんへ
☆さんは列車の撮影もお好きなんですよね。
私は撮り鉄ではありませんが、今回、被写体として乗り物って面白いなと初めて思いました。
たぶん、動く物を思った位置に写し取る・イメージした構図に収める、作業を面白いと感じたようです(タイミングが合わず、全然やれていませんが)。山岳道路を走るバスもそのうち記事に出てきます。

本当にお天気に恵まれました。
ピーカンで写真が全体的に白っちゃけた感じになってしまったので、もう少し、露出を下げて撮ればよかったのかもと考えていました。
anegoさんへ
そうなの、実際はもっともっと鮮やかな色でした。
できることなら、記憶に残した風景を見せてあげたいです。
再現できる機械があればいいのにね。すみませんが写真から想像して下さい。

翌日も快晴だったので、お釣りがきました。
那須岳登山とメンバーが違うので、誰が雨女かでもめそうです(爆)。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。