--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/07/27.Sat

風と霧の蔵王

DSCF0299-成田海
ちょうど10年前の仙台が今年みたいな天候で、毎日雨雨雨。やませの影響で気温も低く「もう嫌!」
とにかく太陽を見に行こうと友人と出かけた先が奄美大島。
久しぶりのお日様がえらく眩しかったのを覚えています。

青い空、白い雲、白い砂。あんなにきれいな海は初めてでした。
せめて夏気分を味わいたく、写真を貼っておきます。

さて、ちょっと忙しくしていてブログがご無沙汰でした。
ご訪問下さった皆様、失礼しました。
前記事は蔵王トレッキング予告編ということで、本編の始まり始まり。

s-IMG_0029.jpg
今日は、蔵王温泉からロープウェイ山麓線でユートピアゲレンデまで行き、いろは沼経由ワサ小屋跡~熊野岳~避難小屋~馬の背へ。お釜を鑑賞後、地蔵山まで戻り、ロープウェイ山頂線・山麓線を乗り継いで、蔵王温泉へ帰るコースです。

IMG_0129.jpg
ロープウェイ乗り場に近づくと、なにやら楽器の音が聞こえてきました。

IMG_0128.jpg
何でも最近の夏の蔵王は楽器練習の基地なんだそうです。
高原に響き渡る金管楽器の音が爽やかでした。

s-IMG_0021.jpg
樹氷高原駅でロープウェイを降りて、ユートピアゲレンデを登ります。平行する夏山リフトを横目にゆっくり歩きますが、思ったよりも傾斜が急で心臓がハカハカ。ゲレンデに寝ころがって一休みしました。

s-IMG_0041.jpg
夏山リフトの降り場から数分歩くと「いろは沼」。
今回のコースは夏と秋に一度ずつ歩いたことがありますが、その時はロープウェイを2本乗り継いで一気に山頂まで登り、帰りにいろは沼を回りましたが、今日は天気がアヤシイので先に来ました。

IMG_0046.jpg
いろは沼はワタスゲとコバイケイソウの天下。風に揺れるワタスゲが可憐でした。
休憩していた人の話だと避難小屋の辺りを降りてきたけど、ものすごい風だったそう。避難小屋から北東方向に少し行った場所に咲くコマクサを見に行く予定にしてるんだけど、どうだろう。

IMG_0049.jpg
いろは沼を後にワサ小屋跡をめざして、林の中に入ります。
木に遮られるせいか風の強さはあまり感じません。
ガスが濃くなってきましたが、まだ降ってはいません。

IMG_0025.jpg
最近は天気がいい日を選んで歩いていたので、視界がきかないのは久しぶりです。

IMG_0087.jpg
こんな日は花を慰めに歩くことになります。

IMG_0061.jpg
林を抜け片側が谷の道を歩き始めたら、

s-IMG_0059.jpg
風をまともに受けるようになりました。

s-IMG_0069.jpg
林の中ではよくわからなかったけど、思っていた以上に霧も濃いです。体が冷えると途端に動けなくなるので、慌てて合羽を着ました。

IMG_0071.jpg
ハクサンチドリもどきの蘭がたくさん咲いているのを見つけましたが、風が強くて写真もよう撮れへん(なぜ関西弁?)。
この辺ですれ違った人たちが「やっと風が弱くなってきましたね」と言うのでハテナ?と思っていましたが、先に進んで納得。

s-IMG_0075.jpg
ワサ小屋跡に着きましたが、強風で立っているのがやっと。飛ばされないように体を小さくします。
熊野岳・お釜方面は霧の中で、本日はこれ以上登るのを断念しました。

IMG_0081.jpg
ワサ小屋跡から地蔵尊がある蔵王ロープウェイ山頂駅まで下ります。
ほとんどが木道ですが、雨に濡れて滑るので注意しながら歩きます。
相変わらず風も強いです。

IMG_0086.jpg
いろは沼のコバイケイソウは終わりがけでしたが、

s-IMG_0085.jpg
ここのは咲き始めで丈も低く、花も小さい。

IMG_0089.jpg
霧に隠れて奥はよく見えないけど、

IMG_0079.jpg
7年周期の大開花を実感する花の群れがこれでもか

s-IMG_0093.jpg
これでもかと続きました。
    
s-IMG_0114.jpg
やっとの思いでたどり着いたお地蔵さんも霧の中。
赤い帽子が風でバホバホいってました。

地蔵尊のすぐ南側にある三宝荒神山も花がいい時期と情報があったので、15分ほど歩きましたが、風と霧を体感しただけ。

s-IMG_0120.jpg
ロープウェイ山頂駅に到着。中に入った途端、激しい雨が降り出しました。
着くのがあと1~2分遅れたら、ずぶ濡れでした。

s-IMG_0121.jpg
雨を眺めながらレストランでコーヒーブレイク。
とにかくすごい雨でした。晴れていれば回りの山々が見えて、絶景なんですけどね。

s-IMG_0126.jpg
小降りになったのを見計らって下界へ降ります。
中腹より上が雨雲にすっぽり隠れていたようで急に視界が開けました。眼下に広がる街も温泉街も晴れていました。

     s-IMG_0132.jpg
予定より早く帰ってきたので日帰り温泉に入った後、オトチャヤでビールを飲みながら反省会。
未分類 | Comments(2)
Comment
見当がつかない(-_-;)
☆ユケチュウさんへ
ほとんどが雪のある“ゲレンデ”コースしか知らない私にとって、夏場の風景が想像出来ません・・・
バイクで行けるのは中央ゲレンデのドッコ沼までで、その上は行った事がありません・・ロープウエーに乗って夏のゲレンデに降りても全く違う景色なので方向さえ見失ってしまいます・・それにスキーでは何ともない急斜面も徒歩では降りる事が難しい事も解りました・・・登りも直登は無理ですね。
高山植物が見られるので今の時期1度行ってみたいと思いますね・・・・
霧で強風の中無理をしなかったのは正解でしたね。
写真で楽しませて貰いました・・・
LYNX☆さんへ
コメントありがとうございます。
確かに夏と冬では、景色や印象が全く違いますよね。
スキーに熱中していた頃は、スキー場の山形蔵王しか知りませんでしたが
ここ数年は、樹氷や紅葉、夏山を楽しむ場にもなってきました。

いろは沼周辺の高山植物を一度は見たいと出かけましたが、花の見頃は
梅雨時と重なり、旬の姿に会うのはなかなか難しいです。
今年は冬景色を撮りに、一度ゲレンデに行きたいと思っていますが、
リフト券の元を取らなくちゃとか、せっかく来たからやっぱり滑りたい
とか言いそうで、どうなることやら。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。