--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/23.Sun

ユングフラウヨッホ展望台その1

ユングフラウヨッホ展望台駅は地下です。駅から通路が延び、Sphinx(スフィンクス展望棟)、Plateau(プラトー展望テラス)、Eispalast(氷の宮殿)、レストラン棟、Jungfraufirn(ユングフラウ雪原)などにつながっています。
1122ユングフラウヨッホ展望台字入り

まずは野外のプラトー展望テラスに向かいます。真ん中の山がユングフラウヨッホで、頂上右脇に頭をのぞかせているのがスフィンクス展望棟、左奥はメンヒ(4107m)。出入口の右側、茶色っぽい建物がレストラン棟(下の写真はパノラマ)。
1122パノラマ2

大変風が強く、出入口付近や歩く場所ところどころは、雪が踏み固められて氷の状態。気をつけないと転びます。風も冷たく、手袋をスーツケースに忘れたことを後悔しました。でも寒さを我慢していつまでも見ていたい風景がそこにありました。
1122メンヒ1

1時間半近くかけて来たとは言え、ここは3000m以上。空気が薄いせいか最初は少々息苦しい感じがしましたが、しだいに体が慣れてきました。
1122sphinx1

アレッチ氷河。この写真の右側にユングフラウがあります(下の写真はパノラマ)。
1122パノラマ1

氷河は山地では重力、平坦な大陸では氷の厚さと高さによる圧力によって流動する、巨大な氷の塊です。アレッチ氷河の中心部は年180~200mの速さで前進している(Wikipediaより抜粋)というから驚きです。スイスアルプスは氷河による侵食作用で険しい山と深い谷が形成されてきたそうで、この独特な風景の生みの親は氷河なのですね。
1122アレッチ氷河1

右側がユングフラウ(4158m)。そのすぐ左側、ポコンとした山が(たぶん)ロッタールホルン(3969m)。
パノラマ写真の左側の空が切れているのはご勘弁を。
1122パノラマ3

1122JF3.jpg

東北に住む私は山と聞くと、緑に覆われた優しい姿を想像しますが(東北地方の森林限界は約1600m、最高峰は福島の燧ケ岳2356m)、
1122JFup.jpg

欧羅巴の人がイメージする山は、岩と氷と雪の世界なのかもしれません。
1122rottalhorn1

飽きることなく眺めていたのですが、屋外でだいぶ体も冷えてきたので、中にはいります。スフィンクス展望棟で、また別な角度から山々が見られますから。
プラトー展望テラスから屋内に入るとすぐ近くに「氷の宮殿」があります。冷えた体がますます冷えますが、急ぎ足で見ていきます。
1122IP1.jpg

氷河をくりぬいて作ったそうで天井、壁、床いずれも氷です。床は滑らず、歩きやすかったです。
1122モザイク

氷の彫刻も。
1122IP4.jpg

あざらしかなぁ。
1122IP5.jpg

熊かなぁ。
1122モザイク3

ギフトショップです。
手袋や帽子、セーター・Tシャツ、キーホルダーなどが売られていました。
私はなぜか旅先でよく店員に間違われるのですが、ここではアジア系の男性に突然「X@%$#@X」と勢いよく話しかけられ???どうも彼は(すぐに使える)手袋を探していたらしく、しゃべるだけしゃべったら自分で手袋を見つけて、さっさと行ってしまいました。よほど寒かったのね。
1122売店1

ヨーロッパで一番高い所にある郵便局も併設されており、ここから絵葉書を出すのが外国人旅行者に人気だとか。ガイドに案内されていた新婚旅行っぽい2人も仲良く絵葉書を書いていました。
1122売店2

さあ、お腹がすきました。昼ご飯です!
レストラン棟には5つのレストランやカフェテリアがありますが、量や内容がわかるセルフサービスのお店にしてみました。眺望も最高です。
1122昼店内

皮が比較的パリっと中がふわっとしたおいしいソーセージでした。ソースもマイルドな味わいでソーセージにもポテトにもよく合いました。
1122ソーセージ

牛肉のカツレツ。いわゆるウインナーシュニッツェルだと思います。
1122カツレツ

チキンカレー。あまり辛すぎない優しいカレーで、ソースが多くこれが長粒米によくからんで実においしい。
1122カレー

友人が前回スイスを訪れた時、現地の人に「スイスで一番おいしいビール」と勧められたというRugenbrau。
あっさり系でした。好みの味です。暖かい部屋で雪山見ながらビールが飲めるとは極楽極楽。
1122beer1.jpg

店内にはこんなディスプレーも。そうか、ハロウィン前だったものね。
飾り

すごいつらら。
つらら

ここからもユングフラウが。それにしてもいい天気。
To be continued…
レストランからJF
未分類 | Comments(8)
Comment
溜息ばかり・・・
飛行機苦手の私でもここには行ってみたい衝動にかられてしまいます・・素晴らし過ぎる光景です。
これでもかっ・・という程見せられてしまいますね(笑)
あ~ぁ~、出来たら一緒に行きたかった!
あっ、私じゃ駄目?・・ごもっとも(汗)
青か藍か
うーん、高地の写真は空の色が違う・・・。
この深いブルー、空気のせいもあるのでしょうか。
写真を見てるだけで吸い込まれそう。
変な言い方だけど、ココロまで浄化される気がします。

気圧の低い場所で呑むビール、とっても美味しそうだけど
酔いが早く回りませんでしたか~?^m^
LYNX☆さんへ
すみません「これでもかっ」がまだ続く予定です(笑)。今しばらくおつきあい下さい。
LYNX☆さんさえ飛行機に乗って下さるのなら、スイスへの旅、いつでもお供いたします。
きっとおおさんもお見送り&お出迎えして下さると思います(爆)。
anegoさんへ
「スイスの空は青かった」です(笑)。
うまく説明できないのですが、ここに限らず、空も緑も透明感があるというか、なんとなく日本とは少し違う色のような気はしました。空気のせいもあるのかなぁ。

午後の活動に備えてビール1本にしておきましたが、外に出て冷たい風に当たったら、あっという間に冷めちゃいました。
すごいよな~
こんなに素敵なところへ…
いくら向こうに知り合いがいるとはいえ途中『一人旅』…カッコイイ~
ユケチュウさんの行動力は凄いです!!
時間とお金に余裕があればユケ姉ちゃんにくっついて行ったんだけどな~(笑)
なおさんへ
行動力バツグンのなおさんに「凄いです!」なんて褒められると照れちゃいます。行ける時に行っておこうと勢いだけで決めて、後から「大丈夫なのかなぁ!?」と急に心配になった小心者ですから。
一人旅の間は心臓バクバクで、実はアルコールも喉を通らずでした(なんちゃって)。
No title
 土曜日にマッターホルンをNHKで取り上げていましたね。 27年前の兄貴との旅行のビデオを編集していたので変わらぬ同じ風景を見て感心しました。
 ところで、LYNX GARAGEまでは広瀬川沿いを行ったのですか? 寒かったでしょう。
在大町少年さんへ
私も土曜日の番組を見ましたが、雄大な景色に目が釘付けでした。27年前と同じ風景が保たれているとは本当に素晴らしいことですね。

今回、garageには上杉通~五橋~越路~広瀬橋経由で行きました。譲ってもらったばかりの自転車で様子を見ているところです。慣れたら&もう少し暖かくなったら、広瀬川沿いを走ってみたいと思います。
ガッチリ着こんで行ったので汗ばむくらいでした。風がないのが幸いでした。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。