--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/01.Tue

山三昧

途中下車してBranddeggをぶらぶらした私達は、もう少し歩いてみたくなりました。クライネ・シャイデックに戻り、ハイキングコースの一部をお散歩です。東屋を目指してLet’s go!
400s-020101東屋
散歩のついでに、スイスの国名についてちょっと勉強しましょうか。
ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と国語が4つあるスイスでは、国名をドイツ語でSchweiz(シュバイツ)、フランス語でSuisse(スイス)、イタリア語でSvizzera(シュヴィツェーラ)、ロマンシュ語でSshwyz(シュヴィズラ)と呼びます。
もともとは建国の3原州の一つであるSchwyzシュヴィーツに由来してできた名前です。
400s-020108.jpg

ただ4つの言語のうち、どれか1つの言語のものを国名として採用することが出来ないため、ラテン語を使って、正式名称はConfoederatio Helvetica(コンフェデラチオ・ヘルヴェティカ)と制定。
この略称であるCHが現在の国名コードとして、ナンバープレートや通貨の単位、郵便コード、ウェブのドメイン名などに用いられています。
400s-020102.jpg

Confoederatio Helvetica(コンフェデラチオ・ヘルヴェティカ)は、ヘルヴェティアHelvetiaの連合という意味。スイスに住んでいたケルト部族のヘルヴェティアに由来しています(以上、スイス政府観光局HPより)。400s-020103.jpg

20分ほど歩いたでしょうか。東屋に到着です。
400s-020104.jpg

ベルナー・オーバーラント三山(左から、アイガー、メンヒ、ユングフラウ)。雄大な風景に言葉もありません。
こんなに素晴らしい物を見せてくれて、自然の神様、本当にありがとう。
640s-パノラマ13

三山を眺めながら、東屋すぐ脇のレストランで一休み。
400s-020106.jpg

グリューワインで乾杯です。
400s-020107.jpg

お散歩途中、こんな家族を発見。
400s-020109.jpg

あまりにかわいいので(ちびっ子のほうだよ)、トリミング。
020109.jpg

さて、グリンデルバルトに帰ってきました。
400s-020110.jpg

夕陽が当たると、また違う表情を見せてくれる山たち。
400s-020111.jpg

ハイジなら「おじいさん、山が燃えてる」って言うでしょうね。
400s-020112.jpg

日が暮れてきました。お腹もすいてきました。
400s-020113.jpg

今日の晩御飯はここにしましょう。
ハウプト通りの中ほどにあるスイス料理のお店「ランデヴー Rendez-vous」。
400s-020114.jpg

昼はRugen brauのLagerでしたので、夜はバイツェンにしてみます。
400s-020116.jpg

やはり一度はチーズフォンデュを。
白ワインでチーズを溶かしてあるので、温まるにつれてワインの香りが食卓に広がります。
400s-020117.jpg

フランスパン、じゃがいも、リンゴや洋ナシが添えられています。サーブしてくれたおばあちゃんの説明では、鍋のチーズをからませた後、好みで別添の粉チーズをかけてもよし。果物はそのまま食べてもよし、チーズをつけてもよし、とのこと。
チーズの種類を聞くのを忘れてしまいましたが、くせがなく、まろやかで大変おいしゅうございました。
400s-020118.jpg

フォンデュは前回試したので別な物を、という友人のだんなさんはグラーシュズッペと
400s-020119.jpg

オムレツを食べていました。
400s-020120.jpg

帰り道、きれいな月が出ていました。明日も晴れそうです。
400s-020121.jpg
未分類 | Comments(2)
Comment
感涙にむせぶ
もう、目はウルウルここまで来ると嫉妬ですな(笑)
ぐやじい~ってなもんです(ちょっとイカレてる)
特に3枚目の写真にはうっとりです!
それにそれに食べてるものも・・おいひそう!(笑)
言葉になりません・・・
LYNX☆さんへ
感涙にむせんで下さり(笑)、ありがとうございます。感動を共有でき、幸せです。
山は午前中は晴れていても、午後から雲が出る事が多いように思っていましたが、この日は一日中、快晴だったのですね。改めて写真を見て、雲ひとつないことに気がつきました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。