--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/03.Thu

(差込記事)雪遊び

また差込記事です。季節の記事なので、すみませんが書かせて下さい。

LYNX CLUB新年会の晩に静かに降り積もった雪がまだ溶けきらない今週始め、朝起きたらびっくり仰天。かなりの雪です。いつもより早めに家を出ましたが、バスが来ません。車庫に1台もないというのに、バスはどこに行ったのでしょう?
020201.jpg

しょうがない、歩く方が早そうです。今なら歩いても間に合う時間だし、長靴とディパックで装備は万全。雪景色を見ながらの徒歩通勤に切り替えます。思ったより雪が柔らかく歩きやすい。
ふと見るとさっきまで白かった道路沿いの木々が、黄金色というか、薄いオレンジ色に光っています。昇ってきた朝日が当たっていたのですね。すごく綺麗でした。いいもの見ました。
020202.jpg

やっぱり子供は元気です。
楽しそうな笑い声に思わずひきこまれます。
気をつけていってらっしゃーい。
020203.jpg

途中、写真を撮りたい場所が数ヶ所ありましたが、ちょっと時間が押し気味で、徒歩通勤の写真は以上。
時計を見い見い足早に歩いたので、職場に着いた時は、思いがけず汗だくでした。50分の雪中行軍、いい運動になりました。


翌日は予報どおり寒さが緩み、過ごしやすい日です。例年になく寒い冬で、心身ともに緊張状態が続いていましたが、この天気、ホッとします。お日様も出ているし、散歩日和だわ。

仙台市文学館の脇を通り、台原森林公園に向かいます。
背伸びしないとダメだけど、ホンの一ヶ所、(おそらく)泉ヶ岳が見える場所があるんですね。思ったとおり視界がよく、山が近くに見えました。
020204.jpg

今日は風もなく、外にいてもあまり寒さを感じません。太陽を浴びながら雪の上を歩きたい気分です。ふと見ると、周回路を少し外れた場所にある小川に向かって、犬の足跡がついています。足跡に誘われて私も行ってみることに。
020206.jpg

雪が深くて先に進めなくなったら戻ってくればいいのだし。
020205.jpg

せせらぎの音と雪を踏みしめる音、鳥の声だけが聞こえます。
020207.jpg

市民団体がこの小川でホタルを育てていて、夏に「ホタルを見る会」も開催されます。
透きとおった綺麗な水でした。

この先、道が細くなり、見晴らしも悪くなりそうだったので、ここで引き返しました。犬の足跡もこの辺で消えていました。おそらく戻ったのでしょう。
020208.jpg

夏は睡蓮が綺麗だったこの池、冬はカモの楽園になっていました。こんなにたくさん来ているとは知らなかった。
020209.jpg

氷の上を歩いています。
この風景を見ていたら一瞬、静寂に包まれて、カモが氷の上を歩くカツカツという音と鳴き声だけが聞こえたのですが、きっと気のせいですよね。
020210.jpg

よく見ると、スケートのように滑っている奴もいます。面白い。
020211.jpg

陸に上がり、何かをついばむカモも。かなり近くまで寄ってきましたが、ごめんね、エサ持ってないの。
020212.jpg

そうこうしてるうちに、餌をくれるおばさんがやってきました。慌てて集まってくるカモたち。
020213.jpg

ほーらたくさんお食べ。
020214.jpg

見ているだけで、癒されます。
020216.jpg

020217.jpg

次回は双眼鏡を持ってこようっと。
020218.jpg

雪とカモに遊んでもらった散歩でした。
020219.jpg


次回また旅行編に戻ります。
未分類 | Comments(9)
Comment
楽しんでますね
おはよう!
マイナス思考で無いのが、ユケチュウさんの魅力です。
通学の子供の写真と、後ろから3枚目の写真が好きです!

カメラを持ち歩いていると、退屈しませんね(笑)
相変わらずの健脚ぶりには感心します・・又チャリで来て下さい!
雪が降ると・・・
 こんばんは。

 雪が降ると、日頃、見られない形跡を発見
しますね。我が家の池にやっぱり猫が来てい
たんだとか。

 さらには、へき地のわが職場の周りには、
日常、見られない偶蹄類の足跡までが・・・。
夜の間には別の世界があることを認識させら
れます。

 青森ツアーに当たってのレク、ありがとう
ございました。でも、西津軽と東青津軽は
ずいぶん違いますね。今度は岩木山の西回りを
じっくり歩いてみようと思いますので、また、
お母様のお知恵お授け下さい。ヨロシコ
LYNX☆さんへ
魅力ですなんて褒めていただき、照れくさいですが、、ありがとうございます。どうせなら楽しくやってやれ!!というところはあるかもしれません。
グラスに残ったお酒を見て「もうない」じゃなく「まだある」と思うところは、確かにマイナス思考ではないかも(笑)。

カメラを持ち歩くようになってから、自然にしても、人にしても、回りのことをよく見るようになりました。
月並みですが、普段の生活の中に喜びや感動がたくさんある事に気づき、よかったなーと思っています。
サエモンさんへ
コメントありがとうございます。
夜の間にサエモンさんの職場の周りで、どんなことが起こっているのか見てみたいですねー。何が来ているんだろう。

図らずも徒歩通勤になった時、「急いで歩いて汗をかくと、止まった時に一気に冷えて風邪をひく」というサエモンさんblogの一節を思い出したのですが、時間的余裕がなく、汗だくでした。あれ以上その調子で歩いたら、間違いなく風邪をひいたと思います。

青森美味探訪の話題は、うちの食卓でもあがり「同じ青森でも違うものだね」と話していました。津軽の食文化、知らないことがたくさんあるので、母に聞いてメモしておきたいと思います。
それそれ!
“色眼鏡”でモノを見るのとは雲泥の差!
カメラのレンズで切り取る世界は、得も言われぬ不思議な世界です・・・自分の心が反映される世界でも有ります。
カメラ散歩はとても心を豊かにしてくれますね。
次は何を見せてくれるのでしょうか・・楽しみです。
タイトル通り
出不精(デブ症)の我が家、いい季節ならばともかく
冬場にお散歩なんて考えたこともなかったです。。
でも、ユケチュウさんの目線を通じて散歩気分を味わってたら
なんだかムクムクと歩きたくなってきました・・(笑)

先日、コンクリが固まる前に歩いたであろう猫の足跡を発見してニヤリ♪ 
あの家の駐車場は猫マーク付になった模様・・。
生き物の足跡って、想像力をかき立ててくれますね。
LYNX☆さんへ
例えば、自然であれば、桜の花びらが散る様や、紅葉がはらはらと落ちる様子、川の流れや雲の動きなど、風や温度や香りが感じられる写真が撮りたいな、と思います(望みはでっかく)。
見えていない物や感じていない物は写せないので、まずは身の回りの物をよく見ようと思っています。
anegoさんへ
ありがとうございます。
blogを読んで、ちょっとそこまで散歩に行こうと思っていただけたのなら、こんなに嬉しいことはありません(笑)。

動物の足跡で思い出したことがあります。
昔、雨降りの平日で人気(ひとけ)がほとんどない山に行った時、私の前を歩いていた友人が「熊の足跡だ!!」。見たことないけど、確かにそうみたいです。

音を出して人間の存在を教えるのがよいといいますが、熊よけ鈴もラジオも持っていなかったので、二人で声を限りに歌い続けてやっと山小屋に着きました。

先客に「動物の足跡、ありましたよね。あれ熊ですか?」と聞いたら「カモシカだよ」。力が抜けてヘナヘナになりました。
ふむふむ
成程良いですね・・・
最近私は、人物写真(人が写っている風景とかも)を無性に撮りたいのですが・・・
臆病で人にレンズを向けられません・・でも撮りたい。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。