--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/14.Mon

酒と笑いの旅①~風写隊 大山新酒・酒蔵まつり2011~

日本とスイスを行ったり来たりしていますが、どこでもドアで空間移動していると思っておつきあい下さい。
今日は庄内地方へ参ります。


110212タイトル
「香りが高いが、原酒特有(と思われる)刺さるようなアルコールの感じがまったくしない。しぼりたてはこの香りのよさを味わうお酒なのかも(1200円でこのおいしさはすごい)。
日本酒に対する興味を持たせてくれる1本になるかもしれない。比較対象のため、栄光富士も買ってくるべきだった」。

昨年の大山新酒・酒蔵まつりで飲んだ「大山糟前」の感想が手帳に残っていました。新酒のおいしさを教えてくれた酒蔵の町・大山に今年も潜入です。

鶴岡市大山地区は、庄内平野で収穫された良質な米、伏流水など日本酒を造る好条件が揃っていて、江戸時代は天領の下、酒造りの町として繁栄したといいます(まつりパンフレットより抜粋)。
110212庄内

最盛期に40軒以上あった造り酒屋も今では4軒のみとなりましたが、大山の伝統を守るこれらの酒蔵が1年に1度、「大山新酒・酒蔵まつり」と銘打ち、新酒を振舞ってくれます。
110212富士2

風写隊による大山地区への隊員派遣は今年で4回を数えるそうですが(1年目は隊長が下見?)、私は昨年に引き続き2度目の参加です。

参加隊員数増加に伴い、今年は豪華サロンバスをチャーター。リュックを背負い嬉々としてバスに乗り込む隊員の姿は、正に遠足です。リュックの中から出てきた、んやら、雪男やら、墨廼江の新酒やら、ほやのくんせいやら、柿ぴいやらが行き交い、車内は即、宴会モードに。楽しすぎる♪
110212車内

あまりの楽しさに、ちょっと気を抜くと、新酒まつりに行くツアーである事を忘れそうになります。これなら、どこかグルグル回ってバスの中で宴会をしててもいいんじゃないかという冗談が飛び出すくらい(笑)。

途中3度のトイレ休憩をはさみ、持参したお酒もなくなる頃、大山に到着(11時半)。

週末の日本列島は悪天候が予報されており、仙台を出発する時も雪に見送られた隊員たち。覚悟を決め、万全の防寒防雪態勢で臨みましたが、着いてびっくり。庄内は小雪が舞う程度です。
110212稲

まずは腹ごしらえ。
23名と人数が多いこともあり、あび子、鈴木屋、寝覚屋半兵エの3ヶ所に分かれ、昼食タイム。お店の前にバスを横付け出来るのも、歩いて行くにはちょっと遠い寝覚屋半兵エに行けるのも、チャーターバスのお陰です。
110212蕎麦

我々は鈴木屋の2階に11名で陣取り、麦切りと蕎麦をいただきました。ワンカップでエネルギー補給する隊員も。ま、これから歩くんだから、ガソリン入れとかないとね。

板1枚はおおよそ6名分で、3000円。麦切り2枚と蕎麦1枚を頼み、完食しました。腰があるけどつるつるした喉ごしの麦切りはとてもおいしく、大満足。薬味に葱と練り辛子がついたのに驚きましたが、後からanegoさんに聞くと「それ普通よ」。そうなんだ。
110212麦切り

このおまつりはスタンプラリー参加券(前売り500円)を購入し、4ヶ所の酒蔵や漬物屋「本長」、どまんなか商店街を巡り、スタンプが4つ以上たまるとお酒が当たる抽選会に参加できる、というルールになっています。
110212スタンプ

北に位置する鈴木屋、寝覚屋半兵エで昼食を取った隊員たちは、富士酒造から攻略。南方面にあるあび子で食事を取ったチームは、羽根田酒造、渡會本店、漬物処 本長から攻める作戦です。

気がつくと青空が出ています。今回も晴れ男晴れ女パワー炸裂。青空の元、戦闘開始です。まずは1778年創業の富士酒造へ。
行列に並ぶこと約20分、中に入るとお燗酒が迎えてくれました。しみじみ美味しい。しぼりたてや、にごり酒も癖がなく、すーーと入っていきます。おいしいです。すっかり嬉しくなっちゃいました。
110212富士1

ここでは1200円で瓶を買うと、作りたてしぼりたてホヤホヤのお酒を量り売りしてくれます。勿論、本日ここでしか手に入りません。機械にセットし、俺の酒が瓶に満ちるのを眺めるのは何とも言えないいい気分でしょう、大名マークさん(笑)。当直明けお疲れのところ、よくぞ参加して下さいました。
110212モザ富士

場所的に次は大山(加藤嘉八郎酒造)を攻めるのがいいのですが、先発隊のびーえむあいさんたちから、混んでるよ情報が入ったため、出羽ノ雪(渡會本店)に向かいます。
モザ110212渡會

ここは元和年間(1615~23年)創業の酒蔵。常設の酒造資料館があり、昔の日本酒のラベルが見られたり、ストーブを囲んでちょっと一休みできるスペースがあったりで、他の3ヶ所に比べてゆっくり出来ます。
試飲したしぼりたては香り高く味も濃く、とてもおいしい。思わずお代わりしてしまいました。
110212モザ渡會

隊員の中に、抽選会で渡會酒造の糟前酒をGETした方がいらして、帰りのバスでご馳走になりました。うすにごりでほんのり甘みもあり、香りも十分。
大変おいしゅうございました。ご馳走様でした。
110212渡會1
(続く)
未分類 | Comments(6)
Comment
驚き
毎年、風写隊の参加が増えてるのも驚きですが、酒蔵に並ぶ人数にも驚いています・・凄い人気ですね!
下戸の私は圧倒されっぱなし(笑)
朝から晩まで酒びたり・・・・タフです皆さん!
色んな方のレポには、古巣の懐かしい顔もちらほら、元気そうでなによりです・・・・
綺麗な写真もありがとう・・麦切り美味しそうです!
今度ご一緒したいです・・・
LYNXCLUBの女性陣も多数参加で賑やかだった事でしょう
LYNX☆さんへ
コメントありがとうございます。
確かに去年より人が多かったです。主催者の宣伝もあると思いますが、このおまつりの楽しさが、口コミやネットを通じて広がっているのかもしれませんね。風写の黙示録もその一翼を担っていると思われます(笑)。

試飲の容器が小さいので、酒びたりって言うほどは飲んでいない(と思う)のですが、一日中飲んでる事には変わりありませんね(苦笑)。

飲むほどに酔うほどに美しさを増す風写隊ガールズ、素敵でしたよ。

大山は酒蔵も含めて歴史ある建造物あり、おいしい麦切りあり、甘酒の振る舞いもありなので、下戸の方でもこのお祭りは十分楽しめるのでは。まして我ら酔っ払いと対等に張り合って、宴会が楽しめるLYNX☆さんなら、ノープロブレムです。来年は是非ご一緒しましょうね。
お疲れ様でした~。
大人の遠足楽しかったですね☆彡
来年はmyお猪口を持参して参戦したいです(*'ー'*)♪

リュックは必需品ですね!
まさかユケチュウさんが4本も背負っていたとは
思いませんでした(^▽^;)。
私は3本でも重かったのになぁ。

さすが飲兵衛(*'ー'*)♪
圧倒されて・・・
☆ユケチュウさんへ
お誘いありがとう!
レポ見てると、楽しそうだなぁ~と思うと同時に、あのパワーに圧倒されっぱなし!
結局毎年悩みながら・・行かず仕舞い・・
LYNXCLUBのツアーってのも良いかもしれませんね。
zepさんへ
あの日は何だか夢の世界にいたような気がします。楽しかったですねー。
撮影班、お疲れ様でした。作っていただいたデジブック、何度も見ています。zepさんのカメラの前だとみんな素直に笑顔になれるのですね。あんなスナップ写真が撮れるようになりたいです。

飲兵衛のzepさんからさすが飲兵衛と言われて光栄です(爆)。
風写隊八木山班の中には、リュックに6本入れて帰ってきた猛者もいたみたいですよ。上には上がいるもんです。我らも来年は...
LYNX☆さんへ
来年の大山まであと1年ありますから、ゆっくりのんびり考えてみて下さい。来年が待ちきれない飲兵衛軍団にとっては、長ーい1年ですが(笑)。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。