--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/02.Sun

紅葉はまだ:栗駒山

s-110926パノラマ
天気がよかった先週始め、宮城県側いわかがみ平から栗駒山に登ってきました。20代の頃は一関にいる同級生とコースを変えて盛んに登った山ですが、このところはすっかりご無沙汰。勿論、岩手宮城内陸地震後、始めてです。

1いわかがみ平
6:30に仙台を出発。
泉ICから乗った高速を若柳金成ICで降り、途中、コンビニに寄ったりして登り始めは8:30です。

2駐車場から雲海
駐車場から見る雲海。下界は曇りですが、ここは1113m、雲上の楽園。

3コース図
栗駒山は登山コースがたくさんありますが、今は地震の影響で通行できない箇所が多くあります。

4中央コース入口
今日はいわかがみ平を基点に、上りに中央コースを下りに東栗駒コースを使います。

7遠くの栗駒
玉石とコンクリートで固められた登山道を登ります。木の向こうに少し見えているのが目指す栗駒山。まずまずの天気です。

5登り始め
振り返ると今来た道の向こうにunkownの山の影が綺麗に見えました。

f2どうだん1
ぼちぼち紅葉が始まりだし、ところどころ色づいています。

f16どうだん3
ななかまどの実も赤くなってきました。

10left2.jpg
西側に連なる山々。
少しでも名前がわかると楽しいと思いますが、、

13leftup.jpg
写真を撮ったり、植物を見るのに忙しくなかなかそこまで手が回りません。

f1あじさい1
花の季節はほぼ終わっており、ヤマアジサイみたいなこんなのや

f10あざみ1
名残のアザミや

L1100257.jpg
リンドウが見られるくらいでした。

15栗駒山
だいぶ近づいてきました。さっきより晴れて稜線が綺麗に見えます。

16山道
登山道も土に変わり、足に優しい。

18紅葉と栗駒
風も爽やかで、Tシャツに羽織った長袖山シャツ1枚でちょうどよい気温です。

19だいぶ来た
先ほどまで目の高さだった西側の山も下に見えます。結構登ってきましたね。

14一休みm
ガス欠だと途端に動けなくなる私たち。ここらでちょこっとエネルギー補給です。

17登り
ガソリンも入ったことだし、また歩きます。

20ちとう
尾根に上がり、東側を見ると池塘(ちとう)が見えます。
周辺はすっかり草もみじですね。

22須川
岩手側に昭和湖と須川温泉の赤い屋根(右端)が見えます。須川側から登ってくる人達もたくさんいるんだろうな。

24あれが頂上2
尾根づたいに進めば、まもなく頂上です。

25頂上から1
栗駒山山頂(1626m)到着。ザックを下ろし三角点で記念写真を撮り、景色を眺めます。

26頂上から2
360度の眺望が開けるはずでしたが、下界は今も雲の中らしく、思ったほど視界が開けなかったのは残念でした。

27東栗駒へ
来た道を少し戻り、東栗駒コースを下ります。分岐の看板が倒れていました。先日の台風の影響でしょうか。

32東から栗駒4
さっきとは違う方向から眺める栗駒山。

33東から栗駒4
裾野が長く伸びる美しい山容は見飽きることがありません。

31東から栗駒3
ちょっと歩いてはシャッターを押す。そんなことの繰り返しでした。

29立入禁止
東栗駒コースから分岐する裏掛(新湯)コースは、立入禁止になっていました。途中で会った、頂上を極めた後ここから須川温泉に帰る予定だったという登山者は、再び山頂方向に戻っていきました。

40昼5
らんらん♪らんらん♪ランチタイムです。
近場に日帰りで出かける時は、贅沢三昧の我らが山行き。本日は山で芋煮会です。

38昼3
ザックから出てきたフライパンで、エリンギ・パプリカ・ピーマン・ミニトマトを炒め、塩こしょうで味付け。別途用意したカマンベールチーズと共にフランスパンに乗せていただきます。

36昼1
牛タンも焼き焼き。

39昼4
9月中旬に槍ヶ岳に行ってきた友人のお土産は信州ワイン。

41昼6
仙台芋煮で乾杯。ちょっと辛口の赤で、芋煮に合いました。ご馳走様でした~

43東から栗駒
景色も料理も十分堪能したので、そろそろ下山しましょう。東栗駒山のピーク(1433m)を通過します。東栗駒山から見る栗駒山(1626m)。

44稜線1
降りてくると裾野が詰まり、ちょっと格好が違ってきます。
それでも美しい姿。いつまでも見ていたい。

46いい眺め
遠くに見える山々も青い影を見せ、いい雰囲気です。やっぱり山はいいなぁ。

47徒渉1
東栗駒コースは、一ヶ所、沢越えがあります(新湯沢)。
想像していたより水量が多く、ちょっとビビリます。

50徒渉点4
写真左側に目印のピンクのリボンが見えますが、これを頼りに岩の端を歩きます。

48徒渉点2
水量が少なめのところを狙って徒渉。

49徒渉点3
無事、渡れました。

51足場泥
乾いて歩きやすかった中央コースと違い、東栗駒コースの登山道は麓が近くなると粘土質でドロドロ。滑るし、はまるし、歩きにくいことこの上なし。

52足場石
粘土が終わったら今度は石。靴の裏についた泥で滑る滑る。緊張しながら歩きます。
長く果てしなく続くと思われた下山もやっと終わり、視界が開け駐車場が見えた時はホッとしました。

53レストハウス
レストハウスが一部営業しており、トイレを拝借してきました。

f18どうだん5
久しぶりに山の空気を胸いっぱいに吸って、晴れ晴れした気持ちになりました。
未分類 | Comments(8)
Comment
おひさしぶりです
 9月中旬からなかなかアップされないから、どうされたのかと思っておりました。 しかしながら昨日今日と連続でアップされたり、他の方のブログには顔をのぞかされているみたいで・・・、綺麗な花たちを楽しみにしています。
山歩き
☆ユケチュウさんへ
栗駒山・・思えばうん十年前に歩いたっきり全くもって山歩きは御無沙汰ですし、もう、山歩きは自信が有りません・・・
こうしてレポを読んでいると懐かしさで一杯になります・・・それにしてもこんなにリッチなランチなど夢のまた夢でしたね・・・
いわかがみ平の遊歩道(登山道)は歩きにくいですね・・
整備されているのが尚更歩きにくくしているような気がしました・・・まあ数年前、途中で引き返した言い訳にすぎませんが(笑)
未だ紅葉には早かった様子ですが、紅葉時期の栗駒は燃えるような山肌になり壮観ですよね・・・
最近の私は車かバイクで行って、栗駒山荘の湯につかるのが楽しみになって来ています。
やんべさんへ
コメントありがとうございます。ご心配をおかけしてすみません。
元気にやってます!をお知らせしたくて始めたところもあるblogなのに、ご心配をおかけするようじゃイカンですな(苦笑)。
今週はまとまった時間が取れたので、連続アップと相成りました。

数日前から庭の金木犀がいい香りです。大好きなシュウメイギクも咲き始めました。
更新ままならずの「のんびりblog」で恐縮ですが、末永くおつきあい下さい。ありがとうございます。
LYNX☆さんへ
昨日から急に寒くなり、蔵王では吹雪いたとか。
紅葉も一気に進みそうな気配でしょうか?
桜もそうですが、紅葉の見頃と晴天と休みが重なることはありそでなさそで、気が気じゃありません(笑)。
そとめし
山歩きが大好き、っていうキモチが伝わってくるレポで、
私まで清々しい楽しい気分になりました。
もう山歩きは自信ないけど、picnicレベルなら行きたいなあ。
大自然の中で食べるそとめし(酒付き)に、この上ないミリョクを感じる今日この頃^^
anegoさんへ
探検部出身のanegoさんなら、こんな沢、ヒョイヒョイ渡るんだろうなぁと思いながら、歩いていたんですよ。

お洒落なランチョンマットで、冷えた白ワイン&チーズ&フランスパンとか、唐草模様の風呂敷しいて、太巻き(anegoさんのお稲荷さんもいいなぁ)とお煮しめと冷えた純米酒とか、酒付きそとめしの妄想は広がるばかり。
是非、実現させましょうね^^
教えてください
栗駒山はこれからの紅葉の時期に登りたい山の一つです。今回のコースは時間的にどんなものだったのでしょうか?
連坊さんへ
私達はしばしば足を止めて、写真を撮ったり、山を眺めていたため、かなり時間がかかったのですが、正味歩いた時間(休憩時間を除く)は、中央コース登り約1時間30分、東栗駒コース下り1時間50分前後だと思います。
他にご不明の点があれば、遠慮なくお問い合わせ下さい。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。