--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/10/31.Wed

那須岳経由三斗小屋温泉

RIMG0798.jpg
10月最後の週末、紅葉といで湯を求めて、那須岳に登ってきました。

RIMG0823.jpg
正確には「那須岳」というピークはなく、那須岳は、那須五岳ともいわれる茶臼岳・朝日岳・三本槍岳・南月山・黒尾谷岳の総称です。

RIMG0784.jpg
今回は、那須ロープウェイで中腹まで登り、茶臼岳-峰の茶屋跡(避難小屋)-沼原分岐-三斗小屋温泉(宿泊)-隠居倉-朝日岳-峰の茶屋跡-那須ロープウェイバス停、のコースで歩きます。

RIMG0730.jpg
新幹線で那須塩原駅まで行き、東野交通バスに乗り換え。約1時間揺られ「那須ロープウェイ(山麓駅前)」バス停に到着しました。
渋滞覚悟で行きましたが、ほとんど遅延なし。紅葉は先週が見頃だったそうで、人出も一段落したのかもしれません。でもバス停すぐ脇の一般車用駐車場は満車で、空きを待つ車が列をなしていました(写真は那須湯元付近)。

RIMG0731.jpg
ロープウェイを降り、茶臼岳の登り口へ。
週末は天気が悪いという予報が当たり、歩き始めから霧雨のようなガスのような物がたちこめていました。

RIMG0740.jpg
茶臼岳へ向かう道は岩がゴロゴロ、足元も砂礫で滑りやすく、歩きにくし。

RIMG0734.jpg
森林限界を超え、遮るものがないせいか、風を強く感じます。雲の流れも早い。と思うまもなく雲の切れ間から青空が見えました。やった!

RIMG0736.jpg
喜びもつかの間、またガス。そんなことを繰り返しながら登っていきます。

RIMG0741moza.jpg
分岐を越え、らくだのコブみたいな茶臼岳山頂が見えてきました。

RIMG0743.jpg
茶臼岳山頂(1915m)到着。甘い物を補給して一休みです。

RIMG0752.jpg
峰の茶屋跡(避難小屋)へいったん下ります。風が強くかなり寒かったので避難小屋の中で昼食。各自調達してきたおにぎりやサンドイッチを食べ、エネルギー補給です。

天気も徐々によくなり、茶臼岳の上にも青空が出始めました。
白い噴煙を上げる姿は荒々しく、活火山であることをまざまざと見せつけられました。ちょっと恐い。

RIMG0755.jpg
よく見ると煙の下には硫黄の塊が見えます。風向きによってはかなり硫黄臭もするのでしょう。

RIMG0765.jpg
見晴らしもだいぶきくようになってきました。

RIMG0761.jpg
こんなアドベンチャラスな道も通ります。

RIMG0768.jpg
案内の看板によるとこの辺りはダケカンバが多いそうです。
もう少し前なら山肌が黄色に染まっていたのでしょうね。

RIMG0770.jpg
でも葉を落とした白い木々の群れも晩秋の味わいで気にいっています。好きな風景です。

RIMG0777.jpg
(確か)もう一つの避難小屋を過ぎたあたりから道は森の中に入ります。

s-RIMG0798.jpg
三斗小屋温泉に向かって下っていく形になるので、徐々に紅葉に囲まれていきます。

RIMG0793_20121031052149.jpg
枯葉の香りに包まれつつ、乾いた落ち葉を踏みしめながら森の中を歩くのは、本当に気持ちがよいものです。

RIMG0795.jpg
秋の山ってふかふかの布団みたいな

RIMG0774_20121031052304.jpg
お日様みたいな

RIMG0758.jpg
干し草みたいな

RIMG0794.jpg
いい匂いがしますよね。

RIMG0792.jpg
今回の山行きは余裕を持ったスケジュールなので、ゆったり歩いています。
好きなところで立ち止まり、写真を撮ったり、変わったキノコを観察したり。

本当は景色がいい場所でゆっくりお茶もしたかったのですが、太陽が出ていないと結構寒く、今回 tea timeはなし。前日anegoさんから頂戴した「ねこまん」は宿でいただくことにしました。

RIMG0812.jpg
いい感じに青空が出てきました。
予報がはずれて、明日も晴れるんじゃない?
晴れないまでも降らなければいいなぁ。

RIMG0821_20121031052729.jpg
そんな話をしているうちにまもなく三斗小屋温泉(さんどごやおんせん)到着です。
続く。
未分類 | Comments(7)
Comment
茶臼岳登山
☆ユケチュウさんへ
二十歳そこそこの時、茶臼岳に登った事が有り懐かしく思いました・・その日は晴れてましたが寒かった記憶が。
その頃は結構山歩きしていたんですよ・・信じられないって?(笑)
落ち葉を踏みしめる音を聞きながら歩くのが私も大好きで、今は高い山は無理ですが、山里を散策する程度です・・・
山の天気は変わりやすいので気をつけないとね。
LYNX☆さんへ
私も15年ぶり(もっと?)の茶臼岳登山でした。
ロープウェイでかなり高いところまで行けるため、すぐに森林限界を越え遮るものがなくなるから、風、雨、日光などの影響を受けやすいのかもしれません。

音と言えば、岩に当たる登山靴の音、合羽のフードを打つ雨音、アスファルトを蹴るマラソンシューズの音、、その場、その状況になければ聞けない音を普段の生活の中でふっと思い出すことがあります。
私にとっての音の記憶、アウトドア編です。
良いですね!
☆ユケチュウさんへ
音の記憶=「音のことのは」大切にして下さい。
茶臼の風
岩だらけの山肌や硫黄臭、画像を見て急にリアルに蘇りました。
そうそう、風も強いんですよねえ。
学生時代、グルリと人間の壁で囲んで、無理矢理コーヒーを沸かして飲んだことを思い出しました。

仕事も遊びも全力投球で楽しんでるユケチュウさんって、やっぱりステキだわ~~(憧)
・・と持ち上げといて、10~11月の暦はトップ画像キボンヌ♪
山歩き
 お疲れ様でした。きちんとセーブして翌日に
備える姿、立派でした。^^

 2000m以下の山でも霧に巻かれたらかなり
危険ですね。

 私も山岳部には籍を置いてはいたのですが、
稜線のガラガラしたところはあまり好きでは
ありませんでした。でも、ライチョウが
が飛び出してくると、俄かにハイテンションに
なりました。要するに生き物がいないとテンション
が下がるのです。

anegoさんへ
山でガスを使う時の風よけに天ぷらガード持参の人を見たことはありますが、人間フードは初めて。すごいですね。寒いーとか早くーとかワイワイ言いながらやってたんだろうなぁ。楽しそう。

いつも写真のリクエスト、ありがとうございます。
店先に並ぶ暦を見て「来年こそはanegoさんにカレンダーを」と思っていました。トップ画像、かしこまりっ。
サエモンさんへ
いえいえ、サエモンさん達が「明日が大変だから早くお帰りなさい」と優しく諭して下さったからです。お陰様で、元気に朝を迎えることができました。

私もガレ場は好きではありません。緑や水がない風景に対して、生き物としてある種の恐怖を感じるのかもしれません。
先日、立山黒部アルペンルートを歩いた時、室堂でライチョウを見かけ、嬉しくて大騒ぎしていました。稜線を歩いていて目の前に飛び出してきたら、熊に遭遇したくらいテンションが上がるのかも。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。